Tag Archives: video

SOMEWHERE IN BETWEEN


wrks_inbetween_tee_01
wrks_inbetween_tee_02
wrks_inbetween_tee_03
wrks_inbetween_tee_04

Animation&Motion Graphics : Nao Harada
Sound Design : Tsuneyoshi Nagatomo

必要性のないものだからこそ作るという自らのガス抜きを兼ね、その作る労力から生じるフラストレーションも同時に混ぜ込みながら、日々の思考の具現化と、点々と散っている日々の仕事をつなぐ試みとして。

“SOMEWHERE IN BETWEEN” Tee

4,800円(税抜)
ライトグレー, グリーン
S, M, L, XL

http://store.indyvisual.org/?pid=119620607

The Year of The Chicken

nenga2017_wrks

色々が色々で色々だった2016年でしたが、年末ぐらいは二日酔いの日々でゆっくり過ごせるだろうと見据えていたものの、オペラの演出を観るだけの名目で2泊4日の弾丸NYで帰国は大晦日とかしてみたり、あれやこれやで1月末に至るわけで。寒中見舞いを出すにも叱られかねないタイミングですが、今年の年賀イメージと、1年前に制作したMTVの年末年始IDの酉年バージョンリメイク(去年は申年ということから一応のイエティ)。一瞬過ぎて分かりにくいですがポイントはクリスマスシーズンも意識してのフライドチキン変化(へんげ)でした。

昨年は今まで以上に何をメインに仕事しているのか分からないくらいアレやコレやとやりつつで、それでも常々思うことは、仕事のやり方の1つとして職人気質に特定の分野をつきつめる、というのはきっと定石でもあるだろうし、年月を重ねるとともに自然とそうなっていくのが普通かなということですが、自分は今年も気まぐれと遊び心を失わずに、やったことがあることもないことも、せっかくだからという貧乏根性で逐一楽しみながら挑みたいなと、一人ひっそりと誓った年始でございました。

MTV Japan NEW YEAR ID 2016

mtvjpn_id_newyear2016_web1
mtvjpn_id_newyear2016_web2
mtvjpn_id_newyear2016_web3
mtvjpn_id_newyear2016_web4
mtvjpn_id_newyear2016_web5
mtvjpn_id_newyear2016_web6
mtvjpn_id_newyear2016_web7
mtvjpn_id_newyear2016_web8
mtvjpn_id_newyear2016_web9
mtvjpn_id_newyear2016_web10
mtvjpn_id_newyear2016_web11
mtvjpn_id_newyear2016_web12
mtvjpn_id_newyear2016_web13
mtvjpn_id_newyear2016_web14
mtvjpn_id_newyear2016_web15
mtvjpn_id_newyear2016_web16
mtvjpn_id_newyear2016_web17
mtvjpn_id_newyear2016_web18

2016年に入ってからあっという間に時間も経ち、三寒四温なるものがあったのかなかったのかスギ花粉の猛威も始まり、このままでは冬も終わってしまいそうなので、少し前にフジモトくんと制作したMTV Japanの年末年始用IDをポスト。今回はループをテーマに雪感と無気力感を意識してみましたが、やはり映像って難しい、他の何が簡単という訳ではないけれど。色々とやりたいと思いつく事が最近増えてきつつもなかなか具現化にこぎつけられない原因はなんだろうとか、考えつつ。年末に購入したAmazonのFire TVのせいかなと、知りつつ。

MTV Soul Camp

mtv-soulcamp-captured01
mtv-soulcamp-captured02
mtv-soulcamp-captured03
mtv-soulcamp-captured04
mtv-soulcamp-captured05
mtv-soulcamp-captured06
mtv-soulcamp-captured07
mtv-soulcamp-captured08
mtv-soulcamp-captured09
mtv-soulcamp-captured10

制作してからわりと時間が経ちつつも、ドタバタとした日々と同時にこの1年も終わりを迎えたところで、先日フジモトくんと作ったMTV JapanのスポットCMを。

ようやくここ最近コマで描く面白さとコツが少しずつながらにも分かるようになってきたのもあって、僅かながらにも表現の幅がひろがったことを自覚しつつ楽しくやれました。何においてもひとまず楽しめれば自分自身にはそれが最良かなと。その他の事は、その他の事として。

2015年は色んな意味で仕事とプライベートとかの垣根も無くただ映像面で色々やりたいなと思っていたので、一年を通して今まで全くやったことのないことやら色々と経験を積むことができたのを周囲に感謝しつつ。

2016年はこれまでの経験を生かしつつ複合的に新しい事を起こしてみたいなあとか思いつつ。年末の続く二日酔いで時間を潰しつつ。それも諦めつつ。

AREth Product Inspection

haiphong2015-1
haiphong2015-2
haiphong2015-3
haiphong2015-4
haiphong2015-5
haiphong2015-6
haiphong2015-7
haiphong2015-8
haiphong2015-9
haiphong2015-10
haiphong2015-11
haiphong2015-12
haiphong2015-13
haiphong2015-14
haiphong2015-15

去る8月、2回目となるAREthの検品ベトナムトリップへの同行にあたって、長年海外に行くときはLOMO LCAでスナップ写真を撮ってきたけれどきっと今回は去年ほどの感動は個人的に得られないだろうなと思い、3回目のベトナムというのもあまり画変わりも期待出来ないと思ったので、今回はスナップ写真的に映像を撮ってみようと目的も無くカメラを回してみました。

結果、スナップ感覚で映像を撮るのは結構無謀、という答えを導きだしました。。。

写真だと何でもなくて良かったモノも映像だと何でも無さ過ぎる、偶然のフォーカスの甘さや手ぶれが写真だと味にもなりうるけれど映像だと使えないだけ、とか、もちろん最初から分かってることではあるものの、映像を撮りに行ってる訳ではないから撮りたい映像を撮ってきてる訳でもないし、検品しにいってるからカメラを持っていられないし、無闇に撮れてしまった1週間分の映像素材とかもはや編集しないわけにもいかない、とか。編集したらしたで特にこれといった話もなかったり、開発中の公開出来ない商品が含まれてたり、どうせならタイトルはアニメーションさせたいとか思って時間を費やしたり。そして公開するわけでもなく。

という感じで、説明的過ぎず断片的ながらストーリーが見え隠れするような、そんな写真の魅力というか、やっぱり単純ながら写真て良いなという、1周ぐるっと廻って帰ってきた、そんな感覚です。