Tag Archives: kiten

SOMEWHERE IN BETWEEN


wrks_inbetween_tee_01
wrks_inbetween_tee_02
wrks_inbetween_tee_03
wrks_inbetween_tee_04

Animation&Motion Graphics : Nao Harada
Sound Design : Tsuneyoshi Nagatomo

必要性のないものだからこそ作るという自らのガス抜きを兼ね、その作る労力から生じるフラストレーションも同時に混ぜ込みながら、日々の思考の具現化と、点々と散っている日々の仕事をつなぐ試みとして。

“SOMEWHERE IN BETWEEN” Tee

4,800円(税抜)
ライトグレー, グリーン
S, M, L, XL

http://store.indyvisual.org/?pid=119620607

Freight Car

ought_fw2015_freightcar_1
ought_fw2015_freightcar_2
ought_fw2015_freightcar_3

OUGHTにいつからかHOBOネタを落とし込むようになり気付けば直接的なHOBOも定番化しつつ描いてきましたが、HOBOの代名詞とも言える貨車や列車は僕の中でグラフィティとかのイメージも強いのでなんとなく避けていました、が、コンセプト的にやはり貨車に乗り込まねばと描いてみました。
木造なのか鉄製なのかその辺はちょっとふわっとさせつつクラシックな貨車をイメージして、試しに鉛筆でわりと細かめに描き込んでみたものの(貨車の作りを脳と手に覚えさせるためにもと思いつつ)、やはりこれぐらいラフなインク感の方がしっくりくるなと、さらりとしたドロ〜イング、という感じで。

OUGHT “Freight Car” L/S Tシャツ

クラシックな赤茶色の貨車をモチーフにしていますので、個人的な思い入れとしては白がオススメです。そして今回は久しぶりにKITEN recordsのTSUによるMix CDもノベルティとして作られています。それ以外にも同じタッチのドローイングを使った半袖Tシャツコインケースなども。

http://store.indyvisual.org/

OUGHT F/W 2012


シーズンごとのコンセプトイメージにもなっているTシャツのグラフィックデザインからカタログのディレクション等、陰ながら参加しているブランドOUGHTの2012年秋冬カタログ等がアップされています。

毎シーズン定番アイテムを軸にシンプルに展開しているOUGHTですが、今回はHOBOのスタイルからインスパイアされたテーマに今のOUGHTが提案するちょっとだらしない大人みたいな、OUGHTらしく力の抜けたアイテム構成に。

今回の撮影は全てフィルムのみで行いより雰囲気重視で。フォトグラファーはOUGHTで毎度おなじみ平間さん。今回は自分で店頭用の小物もアメリカで買い付けてきたりと今までで一番良い形でやれたかなと。もうしばらくはフィルムに戻れなそうなだし来季はひとひねり加えたアイディアを放り込んでいかないと…。

モデルとして登場のKITEN RecordsのTSUによるMix CDも制作されているので非売品ですが是非手に入れてみて下さい。

ちなみにIndyvisualのオンラインストアのモデル着用にsneaのシロウくんに手伝ってもらいました。

www.oughtclothes.org

indyvisual onlinestore