Tag Archives: DIY

SOMEWHERE IN BETWEEN


wrks_inbetween_tee_01
wrks_inbetween_tee_02
wrks_inbetween_tee_03
wrks_inbetween_tee_04

Animation&Motion Graphics : Nao Harada
Sound Design : Tsuneyoshi Nagatomo

必要性のないものだからこそ作るという自らのガス抜きを兼ね、その作る労力から生じるフラストレーションも同時に混ぜ込みながら、日々の思考の具現化と、点々と散っている日々の仕事をつなぐ試みとして。

“SOMEWHERE IN BETWEEN” Tee

4,800円(税抜)
ライトグレー, グリーン
S, M, L, XL

http://store.indyvisual.org/?pid=119620607

Unfindable Tee

wrecks_tee_unfindable_close1
wrecks_tee_unfindable_close2
wrecks_tee_unfindable_blk
wrecks_tee_unfindable_wht

久しぶりに作ったTシャツは、いつものやや胡散臭いコンセプト付けから解放されるべく導き出した「コンセプトを見出さない」をテーマに、意図がありそうでない、でも結局は何かしらある、けれど大事ではない、というような曖昧な物に。

昔からほとんど作ったことがなかった白黒オンリーというのも、淡白で、含みの無い感じを意識して。

実際何がUnfindableって、そもそもこのTシャツが世のほぼ全ての人には見つからない、なんていうシンプルな意味もあったりしつつ。それはそれとして、Tシャツに付随するもしくは(無いはずの)コンセプトを補間するためのアニメーションも遊び半分実験半分、ガス抜きのような日頃のイメージやアイディアの放出も兼ねて制作。

最終的にはPremiereとAfterEffectsなくして僕は何もできませんが、iPadでアニメーションを描き、iPhoneで適当に音を出し、遊び心というより本当に遊んだだけで。実験的要素として去年こしらえた自作のマクロレンズで撮った映像をベースにしつつ、最終的にアニメーションをかぶせてしまったのでそこはあまり見えてこないけれど、とにかく手の届く範囲でのDIY精神に則り。

“Unfindable” Tee

4,800円(税抜)
ブラック, ホワイト
S, M, L, XL

http://store.indyvisual.org/?pid=105936833

The Wanderer

wanderer.01
wanderer.03
wanderer.05
wanderer.06
wanderer.08
wanderer.09
wanderer.10
wanderer.11
wanderer.12
wanderer.14
wanderer.15
wanderer.16
wanderer.17
wanderer.19
wanderer.21
wanderer.22
wanderer.23
wanderer.25
wanderer.26
wanderer.27
wanderer.28
wanderer.30
wanderer.31

自分はどれくらいiPadとPencilオンリーでアニメーションを作れるものなのかなと、プライベートかつ試験的に。

使用したアプリはAnimation Creator HD。厳密には、AEでもろもろコンポジットは行っているものの、アニメーション部分は一切編集しないようにして、音は音で適当にこさえたりDIY精神を忘れずに掲げつつ。
ただこのアプリはパームリジェクションがいまひとつで、期待しない動作になることは頻繁にあり慣れるまでは結構イラっとさせられたけれど、そのせいでやたらと手首あたりから生まれては入り込む意図しない線の数々が、それはそれでまた嘘じゃないノイズの一種だなあとか思って部分的に残しつつ。

このアプリを使って今後何に落とし込めそうかなとか考えつつ、連番書き出しが出来るのも実写に重ねやすそうですごく良いんだけど、どうしてもブラシとかのツール周りがしょぼいなと。この辺Adobeとかがさくっと何か良いアニメーションアプリを出してくれれば連携なども含めて使い道増やせそうなのになとか思ったり。

しかしコマで描くって大変です。

Apple Pencil Case

apple_pencil_case_4
apple_pencil_case_3
apple_pencil_case_1
apple_pencil_case_2
apple_pencil_case_5

3ヶ月ほど前、Flashを用いた手描きベースのアニメーション制作という案件を受けるにあたって、長年PC上では常にAppleの純正マウスのみ使っていたわけだけれど作業を始めた途端これでは任務を遂行出来ないと即断、iPad Proのでかい方を買いにApple Storeへと急行したわけでした。

Pencilの描き心地は言うまでもなく良質で、Wacomの液タブなど使ったことも無いので比較しようは無いけれど個人的にiPadというよりAdobeの液タブという位置付けで使ってるようなイメージで、アニメーション案件の後も何かと多用してはそのiPadの可能性というか、紙にこだわっていた自分には人生で3度目ぐらいのデジタル革新が起きたような、何かこれで面白いことをしないといけないような軽い強迫観念にも駆られつつ、最近はSunday PainterならぬSunday AnimatorのごとくiPadのみで手描きアニメーションを作ってみようと試みつつ。

しかしながら、問題はPencilありきでiPadを手に入れたその瞬間からPencilの行き場が無い、ということ。いまだに検索しても良いモノは見当たらないけれど、とりあえずこれはもう自作した方が事は早いなとAdobe Sketchでイメージを起こし、革製品を手がける友人に製作を依頼し、最近出来上がりました。

ポイントは、安定したフラット感と、出し入れの容易さ。売ったら売れるんじゃないかとか少しばかり思いつつ、一点のみのカスタムオーダーというのがやっぱり満足感というか、今後もオーダーメイドをすることで新たな方向性が産まれるような、そんな可能性を感じつつ。

DIY Spicy Macro Lens

diy_macro_lens1
diy_macro_lens2
diy_macro_lens3
IE4A1017
IE4A1023
IE4A1025
IE4A1027
IE4A1075
IE4A1128
IE4A1174

前回の自作レンズであまりにも「ちゃんと撮れない」結果となったことをふまえ、今回まず気をつけたのは焦点距離、そして作りたかったのはマクロレンズ。

とりあえず前回の反省点は、中古カメラ屋で買ってきた500円ぐらいのジャンク品をベースにしたものの、やはり製品は製品なのでしっかりと組み立てられていて分解できずそのまま使ってしまったのでレンズの調整が出来なかったのと、さらにそこにむやみにレンズを重ね過ぎた、っぽい。ということで、まずはシンプルに100円ショップで適当に手に入れたチープなプラスチックレンズを1枚、センサーからなるべく距離を置いたところに配置してみたところ、意外と簡単に映り、すでに味のある仕上がりに。そのままでも十分使えそうだったけれど今回目指したのはマクロレンズということで、試しにもう1枚プラスチックレンズをちょっと距離を取って置いたところあっさりとそれっぽいズームが得られたので、完成ということで。もちろん絞りは解放、調整出来るのはシャッター速度とISOのみという乱暴な仕様に。

描写は写真の通り、甘いというか、狭いというか、なんというか、白に近いところが面白く、なんだかとても好きな感じに。映像だとフォーカスが合う瞬間とかのまた違った味があり、遊べそうな一本。